芸能人・経営者のおくやみ情報

横澤彪 氏(よこざわたけし)

元フジテレビプロデューサー[日本]

2011年 1月8日 死去肺炎享年73歳

横澤 彪(よこざわ たけし、1937年12月15日 - 2011年1月8日)は、日本の元テレビプロデューサー。
通称「オジン」。
フジテレビプロデューサーを経て、吉本興業東京本社代表、専務取締役東京本部本部長などを歴任。
鎌倉女子大学児童学部教授を経て、晩年はフリーの立場で活動した。
群馬県出身。
実父は元朝日新聞千葉支局長の横澤陸郎。
来歴・人物 群馬県前橋市に生まれる。
父が新聞記者であったため転居・転校を繰り返した。
出生後すぐに長野県長野市に移り、その後も東京都杉並区、新潟県新潟市、新潟県高田市(現・上越市)、秋田県秋田市、神奈川県横浜市と、平均2年半に1回のペースで移り住んだ。
どこへ行っても東京弁を喋る「東京っ子」として異端視され、いじめられるのは日常茶飯事で、これが「ネクラ人間横澤彪」のルーツとなった。
転校が多かったため小学生時代は友達を作らない主義で、すぐ別れが来る悲しさが嫌で人を避けて映画やラジオ番組に没頭していたという。
自身「郷里はどちらですか」という質問が一番苦手と言い、「郷里はありません」と答えることもあり、「父は岩手、母は静岡です」と加えるとき、「群馬県の前橋生まれです」と言って済ませるとき、丁寧にすべて説明するときとあり、いずれも説明は苦痛と話しており、いわば「多国籍」と述べたこともある。

元フジテレビ・ゼネラル・プロデューサー。元吉本興業常務取締役、元鎌倉女子大学教授。 1937年(昭和12年)生まれ。2011年(平成23年)1月8日、死去。 群馬県前橋市出身。 東京大学・文学部 卒業。 1962年、フジテレビ入社。 1980年、『THE MANZAI』をヒットさせて漫才ブームの火付け役となり『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』など人気番組を手掛け、お笑いブームをつくる。 1995年にフジテレビを退社後、吉本興業常務取締役東京支社長を経て、鎌倉女子大学児童学部教授を務めた。 また、J-CASTホームページにおいて、「横澤彪のチャンネルGメン69」を土日を除く毎日連載していた。 (引用元 Hatena Keyword)