訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

永田寿康 氏

政治家、元衆議院議員、堀江メール問題で議員を辞職[日本]

2009年 1月3日 死去自殺享年38歳

永田 寿康(ながた ひさやす、1969年9月2日 - 2009年1月3日)は、日本の政治家、官僚。
愛知県名古屋市出身。
衆議院議員(3期)などを歴任した。
国会などにおける発言の過激さから「平成の爆弾男」と呼ばれ、物議を醸す発言や行動を多々行ったことで知られた。
生い立ち 1969年9月2日、愛知県名古屋市で生まれる。
実父は医師の蒲池真澄。
江戸中期から続く医師の家系の9代目であり、九州の医療法人財団会長を務める資産家である。
幼少時に両親が離婚し、母親の再婚により永田姓となった。
慶應義塾志木高等学校を経て1993年東京大学工学部物理工学科を卒業する。
大蔵省に入省した。
1995年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) でMBA課程留学をしている。
政界進出 1999年に大蔵省を退職して愛知2区の衆議院議員、古川元久の公設秘書となる。
2000年6月25日に行われた第42回衆議院議員総選挙に、千葉2区から民主党公認で出馬する。

↑ PAGE TOP