芸能人・経営者のおくやみ情報

高木彬光 氏(たかぎあきみつ)

推理小説作家[日本]

(本名・高木誠一)

1995年 9月9日 死去享年76歳

高木 彬光(たかぎ あきみつ、1920年9月25日 - 1995年9月9日)は日本の推理小説作家。
本名は高木 誠一。
津軽方言詩人・医師の高木恭造の甥に当たる。
青森県青森市生まれ。
4代続いた医者の家系だった。
幼少時に母親と死別。
旧制青森中学校(現青森県立青森高等学校)から四修で第一高等学校理科乙類に入学。
東京帝国大学理学部化学科の受験に失敗し、京都帝国大学薬学部に進んだが1年で中退、京都帝国大学工学部冶金学科卒。
非嫡出子として生まれ、一高入学の年に父親が亡くなり、家は破産して一家は離散し、親族からの援助で学業を続けた。
その暗い生い立ちのせいもあってか「出身地・青森」には生涯思い入れを見せず、家庭内でも津軽弁を使わなかった。
京大卒業後、中島飛行機に就職したが太平洋戦争終結に伴い職を失う。
1947年、骨相師の勧めにより小説家を志し、出来上がった長編『刺青殺人事件』が江戸川乱歩に認められて、翌1948年に出版の運びとなり、推理作家としてデビュー。

たかぎあきみつ [生]1920.9.25.青森[没]1995.9.9.東京小説家。第一高等学校を経て1943年京都大学冶金科卒業。中島飛行機に勤めたが,敗戦で失職,窮乏のなかで書いた『刺青殺人事件』(1948)で名探偵神津恭介を登場させ,本格推理小説の書き手として注目された。その後同系列の『能面殺人事件』(49),『影なき女』(50)などを経て,経済界の内幕に材をとった『人蟻』(59),裁判の経過を追って謎を解く法廷物の『破戒裁判』(61),第2次世界大戦中の秘史を構想した『帝国の死角』(70~72),古代史に謎と推理を持込んだ『耶馬台国の秘密』(73)など,多彩な力作を相次いで発表。松本清張,横溝正史と並ぶ戦後の本格派推理小説の代表作家であった。『高木彬光名探偵全集』(11冊,75~76)がある。 (引用元 コトバンク)