訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

宮崎勤 氏

死刑囚[日本]

2008年 6月17日 死去死刑執行享年45歳

『東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件』より : 宮崎 勤 (宮﨑 勤)(みやざき つとむ、1962年8月21日 - 2008年6月17日)は東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(警察庁広域重要指定第117号事件)の容疑者として逮捕・起訴され、死刑判決が確定し、刑死した人物である。
生い立ち 幼少期 東京都西多摩郡五日市町(現あきる野市)にある地元の新聞会社を経営する、裕福な一家の長男として出生。
両親は共働きで忙しかったため、産まれてまもなく、30歳ぐらいの知的障害を持つ子守りの男性を住み込みで雇い入れている。
幼い勤の世話のほとんどは、この男性と祖父が行っていた。
宮崎家は曽祖父は村会議員、祖父は町会議員を務めており、地元の名士であった。
家族は祖父、祖母、両親、妹二人の7人。
祖父は引っ込み思案な勤を連れて歩き、可愛がっていた。
幼い頃から手首を回せず手のひらを上に向けられない「両側先天性橈尺骨癒合症」(りょうがわせんてんせいとうしゃくこつゆごうしょう)という、当時の日本には150ほどしか症例のない珍しい身体障害があったが、医者から「手術しても100人に1人くらいしか成功しない。

「宮崎勤」と関連する人物(故人)