訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョー樋口 氏

元全日本プロレスレフェリー[日本]

2010年 11月8日 死去肺腺がん享年81歳

ジョー樋口(ジョーひぐち、1929年1月18日 - 2010年11月8日)は、日本の元プロレスラー、元レフェリー。
本名は樋口 寛治(ひぐち かんじ)。
愛称は「ジョー」。
神奈川県横浜市出身。
法政大学卒業。
俳優の菊池隆則は息子。
生前は日本プロレスと全日本プロレスでレフェリー、プロレスリング・ノアで監査役、GHC管理委員長などを務めた。
日本プロレス時代 少年時代から柔道の道に進み、終戦後は進駐軍に柔道を教えていた。
後に日本プロレスに入ってから外国人係(外国人選手の世話を担当する)になったのは、この時期に身に着けた英語力が元となった。
1955年よりプロレスに転向し、山口利夫らが立ち上げた全日本プロレス協会で活動する。
団体の崩壊後は、吉村道明とともに日本プロレスに移り選手として活躍、1960年に引退。
その後はいったんプロレスから離れるが、1963年から外国人係兼通訳として日プロに復帰する。
当時は外食産業の洋食店がまだ普及していなかった頃で、料理好きを生かして遠征中に選手が滞在する旅館では無理を言って厨房を借り、ステーキやサラダ、スープなど洋食を作っては来日外国人選手に喜ばれた(家業が卸問屋で海外とも取引していたため、幼い頃から当時としては珍しい西洋文化に接していた)。