芸能人・経営者のおくやみ情報

コロムビア・ライト 氏

漫才師[日本]

2010年 10月26日 死去享年83歳

コロムビア・ライト - ウィキペディアより引用

コロムビア・ライト(1927年3月30日 - )は、日本の元漫才師で、現在は漫談家。
落語芸術協会所属。
社団法人あゆみの箱常務理事。
本名、鳥屋 二郎(とりや じろう)。

東京都港区 (東京都) 港区出身。
声帯模写漫談家柳家三亀松の弟子柳家亀次としてデビューし、後にコロムビア・トップライトの2代目ライトとして活躍。
トップの議員転出に伴うコンビ解消後も、漫談や司会などで活躍。

ヘビースモーカーがたたり喉頭癌を患い、声帯を摘出し一時は声を失うが、食道を振動させる発声法を会得。
その後は「ガンファイターズ」などのコンビでの医療漫才や、癌・煙草・禁煙に関する講演活動を精力的に行なっている。

1949年 トップと「青空トップ・ライト」結成。

1952年 コロムビアレコードと契約し、コロムビア・トップ・ライトに改名。
時事、風刺漫才で活躍。

漫才師、漫談家、あゆみの箱常務理事。 本名:鳥屋二郎(とりや・じろう) 1927年3月30日生まれ。2010年10月26日、東京都大田区の自宅で倒れているのが発見された。83歳だった。 東京都港区出身。 故コロムビア・トップ(本名=下村泰)と漫才コンビ「青空トップ・ライト」の2代目ライトとして活動。 1952年にコンビ名を「コロムビア・トップ・ライト」に改名、時事問題をネタにした社会風刺漫才などで人気となった。 1974年にコロムビア・トップさんが参議院議員に当選、コンビを解消した。 1991年に喉頭がんの手術で声帯を切除。食道を使った腹式発声のリハビリをした結果、 1993年にはひとり漫談で芸能活動を再開。がん撲滅のための講演なども続けていた。慈善活動を行っている社団法人あゆみの箱の常務理事でもあった。 (引用元 Hatena Keyword)

「コロムビア・ライト」と関連する人物(故人)