訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

多田省吾 氏

政治家、元公明党参議院議員[日本]

2010年 9月4日 死去脳梗塞享年79歳

多田省吾 - ウィキペディアより引用
多田 省吾(ただ しょうご、1931年(昭和6年)2月18日 - 2010年(平成22年)9月4日)は、日本の政治家。
山形県山形市出身。
東北大学工学部化学工学科卒業。
元参議院議員(4期)。
1931年2月18日、山形県山形市に生まれる。
1953年、東北大学工学部化学工学科を卒業し、聖教新聞社に勤める。
1965年7月4日、第7回参議院議員通常選挙に、全国区から、公明党公認で立候補し、初当選(以降4回)する。
1970年代に、公明党副委員長に就任し、15年以上に渡り務める。
公明党参議院議員団長の二宮文造の後任として、公明党参議院議員団長に就任する。
日中国交正常化交渉の際、第2次、第3次訪中団に参加する。
1989年、第15回参議院議員通常選挙に立候補せず、政界を引退。
任期満了直前の国会で永年在職表彰を贈られる。
政界引退後は、第三文明社代表取締役を歴任する。
元公明党副委員長の大久保直彦と共に、「公明党をサポートする会」を結成し、代表を務める。
2010年9月4日、脳こうそくのため死去。
79歳没。
雑誌『月刊ペン』が、妻で元衆議院議員の多田時子を、「池田大作の愛人で多田にとっては「拝領妻」」と報じたことに対して、月刊ペン編集長の隈部大蔵を名誉毀損で訴えた。
題名
方便品寿量品精解―日蓮正宗 (1958年)
著者
戸田城聖
発売元
精文館書店
発売日
1958
新品価格
より
中古商品
¥ 4,000 より

↑ PAGE TOP