芸能人・経営者のおくやみ情報

内田健三 氏

政治評論家[日本]

2010年 7月9日 死去肺炎享年歳

内田 健三(うちだ けんぞう、1922年7月28日 - 2010年7月9日)は、日本の政治評論家・政治ジャーナリスト。
元共同通信社政治部長・論説委員長。
退職後、法政大学法学部教授。
東海大学教授を歴任。
専門は、日本政治論、政治過程論。
来歴・人物 熊本県八代郡氷川町(旧竜北町)生まれ。
旧制八代中学(現熊本県立八代高等学校)、旧制第五高等学校卒業。
旧制東京帝国大学在学中に、学徒出陣し、内蒙古・駐蒙軍に従軍。
抑留・復員後、新制東京大学法学部に復学し、政治学者丸山眞男に師事。
1953年に東京大学法学部を卒業し、共同通信社に入社。
以後岸内閣の安保闘争から小泉内閣まで50年以上にわたり、日本の政治の動向を取材・分析してきた。
この時代にありがちな思想的な背景に基づくオピニオン的「論説」を排除し、あくまでも政治の現実を客観的に捉えることにこだわった動向分析が持ち味。
また「文藝春秋」誌などの常連寄稿者であるが、単なる政界分析ではなく、社会的背景にこだわった政策のあり方まで踏まえた分析が、他のいわゆる「政治評論家」と異っている。

政治評論家 1922年熊本県生まれ。2010年7月9日、死去。87歳だった。 東京大学卒業後、共同通信政治部長、論説委員長など歴任。退社後、法政大学教授、東海大学教授。 臨時教育審議会や第8次選挙制度審議会で委員を務めた。 政治改革推進協議会(民間政治臨調)会長代理。新構想研究会副会長を歴任。 (引用元 Hatena Keyword)

「内田健三」と関連する人物(故人)