芸能人・経営者のおくやみ情報

板倉重宗(いたくらむねしげ)

下総関宿藩初代藩主、京都所司代[日本]

(明暦2年12月1日没)

1657年 1月15日 死去享年72歳

板倉重宗 - ウィキペディアより引用
板倉 重宗(いたくら しげむね)は、江戸時代前期の譜代大名で下総関宿藩の初代藩主。
京都所司代。
板倉家宗家2代。
生涯 板倉勝重の長男として駿府で生まれる。
永井尚政や井上正就と共に秀忠に近侍した(同時期の小姓組番頭は他に水野忠元、大久保教隆、成瀬正武、日下部正冬)。
慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは秀忠に従った。
慶長10年(1605年)の家康・秀忠の上洛に従い、秀忠の将軍就任に伴って重宗も従五位下・周防守に叙任された。
大坂の陣では冬・夏の両陣に出陣し、小姓組番頭の職にあって家康・秀忠の間で連絡役を務めた。
戦後、書院番頭に任命されて6000石を与えられた。
元和6年(1620年)に父の推挙により京都所司代となり、2万7000石を与えられた。
元和9年(1623年)11月19日に従四位下に昇位し、12月23日に侍従に任官される。
寛永元年(1624年)4月に父が死去すると、その遺領を弟の重昌と共に分割して相続し、重宗は1万860石を継いで合計3万8000石となった。