芸能人・経営者のおくやみ情報

多田富雄 氏

東京大学名誉教授[日本]

2010年 4月21日 死去前立腺がん享年歳

多田 富雄(ただ とみお、1934年3月31日 - 2010年4月21日)は、日本の免疫学者、文筆家である。
東京大学名誉教授。
妻の多田式江は医師。
大叔父に詩人多田不二がいる。
来歴・人物 茨城県結城市出身。
旧制茨城県立水海道中学校(現・茨城県立水海道第一高等学校)・茨城県立結城第二高等学校を経て、千葉大学医学部進学、在学中に安藤元雄、江藤淳らとともに同人雑誌『purete』に詩などを寄稿。
千葉大学医学部第二病理学教室に勤務、1964年医学博士(千葉大学、題は「遷延感作ウサギにおける抗体産生の変貌」 。
のち教授、1977年東京大学医学部教授、1995年定年退官、東京理科大学生命科学研究所所長。

1971年に抑制(サプレッサー)T細胞を発見するなど免疫学者として優れた業績を残す(現在ではサプレッサーT細胞の存在には疑問符がつけられている)。
野口英世記念医学賞、朝日賞(1981年)、文化功労者(1984年)を受賞。
瑞宝重光章(2009年)。
50代になって執筆活動を多く行い始め、『免疫の意味論』(青土社、1993年)で大佛次郎賞、『独酌余滴』(朝日新聞社、1999年)で日本エッセイスト・クラブ賞、『寡黙なる巨人』(集英社、2007年)で小林秀雄賞を受賞。

ただとみお [生]1934.3.31.茨城,結城[没]2010.4.21.東京,文京免疫学者。1959年千葉大学医学部を卒業,1964年同大学大学院で博士号を取得後,アメリカ合衆国に留学して石坂公成らに学ぶ。1974~77年千葉大学教授,1977~95年東京大学教授,1995~99年東京理科大学生命科学研究所所長を務めた。1971年に免疫反応を抑える抑制T細胞(サプレッサーT細胞。→T細胞)の存在を提唱,免疫寛容を引き起こすメカニズムを説明した(→免疫寛容性)。抑制T細胞の概念は,その後京都大学の坂口志文らが発見した制御性T細胞の研究に引き継がれた。『免疫の意味論』(1993,大佛次郎賞),『寡黙なる巨人』(2007,小林秀雄賞)などのエッセーを執筆する一方,若いときから能と大倉流小鼓に親しみ,脳死と臓器移植を扱った『無明の井』,原子爆弾を扱った『原爆忌』などの新作能を発表した。2001年脳梗塞で倒れ,重い後遺症を抱えたがリハビリテーションに励み,活発な創作活動を続けた。1980年エミール・フォン・ベーリング賞,1981年度朝日賞など受賞多数。1984年文化功労者に選ばれ,2009年瑞宝重光章を受章した。 (引用元 コトバンク)