芸能人・経営者のおくやみ情報

浅倉久志 氏

翻訳家[日本]

2010年 2月14日 死去心不全享年79歳

浅倉 久志(あさくら ひさし、本名:大谷善次、1930年3月29日 - 2010年2月14日)は日本の翻訳家。
SF作品の翻訳で著名であり、特にカート・ヴォネガット、フィリップ・K・ディック、ウィリアム・ギブスンの作品を多く翻訳している。
また、やはり翻訳家の伊藤典夫と共に、R・A・ラファティ、コードウェイナー・スミス、ジェイムズ・ティプトリー・Jr.といった異色の実力派作家を日本に紹介した。
日本の代表的な海外SF翻訳家の一人である。
浅倉死去時にTwitter上で「大浅倉」との書き込みが数件あったが、生前にそう呼ばれた事例はなく、Twitterユーザーの創作と思われる。
なお、エッセイ集によると日本から外に出たことはないという。
日本SF作家クラブ会員。
大阪府大阪市出身。
大阪外事専門学校(現大阪大学外国語学部)英米科を1950年に卒業。
浜松市の織物会社に就職し、1959年に結婚。
1960年に当時高校生だった伊藤典夫と知りあう。
大学進学で上京した伊藤の紹介により、1962年フレデリック・ポール「蟻か人か」の翻訳でデビュー。

SF翻訳家、アンソロジスト。(1930年〜2010年)大阪外事専門学校英米科卒。 主な訳書にマイケル・クライトン「アンドロメダ病原体」、フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」、ジェームズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」、R・A・ラファティ『八百万人のお祖母さん』など多数。 伊藤典夫とは1960年代始め頃に知り合っており、SFマガジンで翻訳の仕事を始めたのは、伊藤氏の紹介がきっかけであるそうだ。 (引用元 Hatena Keyword)