芸能人・経営者のおくやみ情報

宮沢健一 氏

一橋大学名誉教授[日本]

2010年 1月9日 死去心不全享年84歳

『宮澤健一』より : 宮澤 健一(みやざわ けんいち、1925年9月3日 - 2010年1月9日)は経済学者。
第9代一橋大学学長、一橋大学名誉教授。
1997年から2010年まで日本学士院会員。
元理論・計量経済学会(現日本経済学会)会長、元厚生省社会保障制度審議会会長、財団法人医療経済研究機構所長。
神奈川県生まれ。
1962年エコノミスト賞、1977年日経・経済図書文化賞、1983年神戸賞、1998年勲一等瑞宝章。
1942年 横浜市立横浜商業学校(Y校、現横浜市立横浜商業高等学校)卒業 1945年 横浜市立経済専門学校(Y専、現横浜市立大学)第2学年修了 1945年 第9師団 (日本軍)入隊 1948年 東京商科大学(現一橋大学)卒業、研究科進学 1949年 横浜市立大学助手 1953年 横浜市立大学助教授 1958年 経済企画庁経済研究所主任研究員兼務 1964年 横浜市立大学教授 1965年 一橋大学経済学部教授 1969年 経済学博士(一橋大学) 1980年 一橋大学学長 1982年 日本銀行金融研究所顧問 著作 単著 『日本の経済循環』(春秋社、1960年) 『経済数学:経済分析と数学論理』(評論社、1961年) 『巨視経済学』(至誠堂、1962年) 『経済構造の連関分析』(東洋経済新報社、1963年) 『産業構造分析入門』(有斐閣、1966年) 『国民所得理論』(筑摩書房、1967年) 『日本の経済循環』(春秋社、1969年) 『産業の経済学』(東洋経済新報社、1975年) Input-output analysis and the structure of income distribution(Berlin ; New York : Springer-Verlag, 1976) 『現代経済の制度的機構』(岩波書店、1978年) 『通論経済学』(岩波書店、1981年) 『現代経済学の考え方』(岩波書店、1985年) 『業際化と情報化:産業社会へのインパクト』(有斐閣、1988年) 『制度と情報の経済学』(有斐閣、1988年) 『高齢化産業社会の構図』(有斐閣、1992年) 共編著 『地域経済の基礎構造』(春 ……

みやざわ-けんいち 1925-2010昭和後期-平成時代の経済学者。大正14年9月3日生まれ。横浜市立大教授をへて,昭和40年母校一橋大の教授。55-58年同大学長。のち八千代国際大(現秀明大)教授。産業の構造と組織の研究にとりくむ。社会保障研究所長,医療保険審議会会長などもつとめた。平成9年学士院会員。平成22年1月9日死去。84歳。神奈川県出身。著作に「経済構造の連関分析」「国民所得理論」など。 (引用元 コトバンク)