芸能人・経営者のおくやみ情報

佐々木定綱(ささきさだつな)

武将[日本]

(頼朝の挙兵を助ける、元久2年4月9日没)

(ユリウス暦) 1205年 4月29日 死去享年64歳

佐々木 定綱(ささき さだつな)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。
近江国の佐々木荘を地盤とする佐々木氏の棟梁である佐々木秀義の嫡男。
平治元年(1159年)の平治の乱で源義朝に従い平氏と戦った父の敗北により、共に関東へと落ち延びる。
伊豆国に流罪となった源頼朝の側近として仕え、弟たちと共にその挙兵を助けた。
生涯 平治の乱で敗走したのち、父の秀義は所領の近江佐々木荘を逃れて相模国渋谷荘にあり、定綱は下野国宇都宮に客居していた。
治承4年(1180年)、以仁王の挙兵の3ヶ月後の8月、秀義は大庭景親に招かれて頼朝討伐の事を知り、たまたま渋谷荘にいた定綱を使いとして頼朝に危急を知らせた。
8月17日、定綱は弟達と共に平氏打倒を決意した頼朝に従い、平兼隆の後見で勇士とされた堤信遠を討つべくその邸宅へと赴き、弟の経高、高綱と共に信遠を討つ。
20日、頼朝に従い相模国へと赴くも石橋山の戦いで敗れる。
安房へ逃れ再び兵を集めた頼朝は10月20日の富士川の戦いで平氏を破り、23日に行われた挙兵後初の論功行賞で、定綱ら兄弟は旧領の佐々木庄を安堵される。

ささきさだつな [生]康治1(1142)[没]元久2(1205).4.9.平安時代末期~鎌倉時代初期の武士。鎌倉幕府の御家人。近江国守護。従五位上,左衛門少尉。宇多源氏佐々木秀義の嫡子。母は源為義の娘。平治の乱(→保元・平治の乱)に源義朝に属して敗れた父とともに近江国の本拠を離れて関東地方に住み,のち伊豆国に配流された源頼朝に仕え,治承4(1180)年頼朝挙兵に弟とともに軍功をあげ,本領近江国佐々木庄その他の所領を有した。建久2(91)年年貢をめぐって延暦寺と紛争を起し,薩摩国に配流。子の定重は死刑となった。同4年許されて旧領を返還され,近江,石見,長門3国の守護職を与えられて,再び頼朝に仕えた。 (引用元 コトバンク)

「佐々木定綱」と関連する人物(故人)