訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

グリゴリー・ラスプーチン

帝政ロシアの祈祷[ロシア]

1916年 12月29日 死去溺死享年45歳

グリゴリー・ラスプーチン - ウィキペディアより引用
グリゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン(露:Григорий Ефимович Распутин グリゴーリィ・イフィーマヴィチュ・ラスプーチン、ラテン文字転写:Grigorii Efimovich Rasputin、1869年1月9日 - 1916年12月30日(ユリウス暦12月17日))は、帝政ロシア末期の祈祷僧。
シベリア、チュメニ州ポクロフスコエ村出身。
奇怪な逸話に彩られた生涯、怪異な容貌から怪僧・怪物などと形容される。
ロシア帝国崩壊の一因をつくり、歴史的な人物評はきわめて低い反面、その特異なキャラクターから映画や小説など大衆向けフィクションの悪役として非常に人気が高く、彼を題材にした多くの通俗小説や映画が製作されている。
生涯 出生から帝都進出まで 1869年1月9日、シベリアの寒村ポクロフスコエ村の農夫エフィム・ヤコブレヴィチ・ラスプーチンとその妻アンナ・パルシュコヴァの第5子として生まれる。
題名
歴史を翻弄した黒偉人
著者
黒偉人研究委員会
発売元
彩図社
発売日
2010-11-26
新品価格
¥ 548 より
中古商品
¥ 1 より

↑ PAGE TOP