訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エゴール・ガイダル 氏

元ロシア第1副首相[ロシア]

2009年 12月16日 死去血栓享年53歳

エゴール・ガイダル - ウィキペディアより引用
エゴール・チムロヴィッチ・ガイダル(ガイダール、ロシア語: Его́р Тиму́рович Гайда́р、ラテン文字転写の例:Egor Timurovich Gaidar、1956年3月19日 - 2009年12月16日)は、ロシアの政治家、経済学者。
下院国家会議議員、右派連合(右派勢力同盟)共同議長。
ソビエト連邦崩壊後、エリツィン時代前期に首相代行、第一副首相などを歴任し、急進的経済改革を実施した。
1956年3月19日にソビエト連邦のモスクワに生まれる。
祖父は内戦時代に「赤いコミッサール」として反革命派に対する情け容赦ない弾圧ぶりで恐れられ、後に人気児童文学作家になったアルカジー・ガイダル(ゴリコフ)(1904-1941)。
父親はジャーナリストで作家でもあった海軍将官チムール・ガイダル(1926-1999)。
母方の祖父は作家のパーヴェル・バジョフである。
1978年モスクワ大学経済学部を卒業。
モスクワ大学大学院に進み、スタニスラフ・シャターリンの指導を受ける。
経済学博士号を取得。
1980年から経済分野の研究所で学究生活に入り、ソ連共産党機関誌「プラウダ」や「コムニスト」誌の編集局に勤務する。

↑ PAGE TOP