芸能人・経営者のおくやみ情報

丁汝昌

海軍軍人、北洋艦隊提督[清]

1895年 2月12日 死去服毒自殺享年59歳

丁汝昌 - ウィキペディアより引用

ファイル:Di Ruchang.jpg thumb 丁汝昌(撮影時期不明)
丁汝昌(ていじょしょう、1836年11月18日(道光16年10月10日 (旧暦) 10月10日) - 1895年2月12日(光緒21年1月18日 (旧暦) 1月18日))、原名は先達)は清朝末期の軍人である。
字は禹廷、号は次章。
初めは太平天国の乱に反乱側として参加したが清朝に帰順してからは李鴻章の下で働き、後に北洋艦隊の提督になった。
日清戦争中に艦隊戦敗北の責任をとって自決。

汝昌は安徽省の廬江(現・巣湖市廬江県)で生まれた。
家が裕福ではなかったため、3年ほど私塾に通っただけで10歳の頃には学問の機会を失ってしまった。
1854年に太平天国軍が廬江を占領すると、汝昌も太平天国軍に参加した。
だが1861年に清朝の曽国藩の湘軍に安慶が包囲されると汝昌は投降し、逆に安慶攻略で功をあげて千総千総:緑営の下士官で正六品官として召抱えられた。
1862年に李鴻章の淮軍に編入されるとそこで太平天国軍と戦い、その勇敢さから劉銘伝の部隊に引き抜かれた。

ていじょしょうDingRu-chang;TingJu-ch'ang [生]道光16(1836)[没]光緒21(1895).2.12.中国,清末の海軍軍人。安徽省廬江県の人。清国旧式海軍の長江水師に入り,劉銘伝に従って捻軍討伐に従事し,のちイギリスに派遣された。光緒8(1882)年壬午(じんご)の変(→京城事変)には艦隊を率いて朝鮮におもむき,大院君を連行した。のち天津総兵を経て,同14年初代海軍提督となり,同20年には尚書の資格をも与えられた。同年の日清戦争では,黄海海戦に敗れ,翌21年威海衛の陥落後,日本に降伏,服毒自殺した。 (引用元 コトバンク)

「丁汝昌」と関連する人物(故人)