芸能人・経営者のおくやみ情報

ポール・サミュエルソン 氏

経済学者[アメリカ]

(ノーベル賞受賞)

2009年 12月13日 死去享年94歳

ポール・アンソニー・サミュエルソン(Paul Anthony Samuelson、1915年5月15日 - 2009年12月13日)は、アメリカの経済学者。
顕示選好の弱公理、ストルパー=サミュエルソンの定理、サミュエルソン=ヒックスの乗数・加速度モデル、バーグソン=サミュエルソン型社会厚生関数、新古典派総合などで知られる。
第1回ジョン・ベイツ・クラーク賞受賞(1947年)、第2回アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞受賞(1970年)。
1915年にインディアナ州ゲーリーのユダヤ人家庭に生まれ、大恐慌の最中であった1932年には16歳でシカゴ大学に入学、1935年に卒業した。
その後、1936年にハーバード大学大学院に進学し、1941年に博士号を取得した。
シカゴ大学でフランク・ナイトらシカゴ学派から価格理論を叩き込まれ、ハーバード大学で数学や物理学を修めたことが、後の彼の理論的性格を方向付けたと言われる。