芸能人・経営者のおくやみ情報

喜多六平太 氏(きたろっぺいた)

喜多流シテ方能楽師・喜多流十四世宗家[日本]

1971年 1月11日 死去享年98歳

喜多 六平太(きた ろっぺいた)は、能楽シテ方喜多流宗家の当主が用いた名。
以下の3人が、当主として六平太の名を名乗った。
中でも明治〜昭和期に活躍した名人・14世喜多六平太が名高い。
12世喜多六平太(能静) 11世七大夫長景の子。
幕末〜維新期の大夫。
14世喜多六平太(能心) 12世の三女の子。
明治〜昭和期にかけ、喜多流の再興に尽力。
16世喜多六平太(長世) 15世実の長男。
当代。
「六平太」の名は、ポルトガル語で巾着(堤物)を指す言葉とされる「ロッペイタ」に由来しているとされる。
即ち、『喜多流秘事書』によれば、喜多流初代・北七大夫は幼少期、豊臣秀吉に腰巾着のように常に近侍して寵愛を受け、そのため秀吉より南蛮製の巾着の名である「ロッペイタ」の名を授かり、幼名として「六平太」を名乗ったのだという。
野々村戒三によればポルトガル語の「進物、賄賂」という言葉がこの発音に近いといい、そこから献上品であった堤物が「ロッペイタ」の名で呼ばれていたのではないかとも推測される。

「喜多六平太」と関連する人物(故人)