芸能人・経営者のおくやみ情報

ギュスターヴ・エッフェルAlexandre Gustave Eiffel

技師[フランス]

(エッフェル塔を設計)

1923年 12月27日 死去享年92歳

ギュスターヴ・エッフェル - ウィキペディアより引用
アレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル(Alexandre Gustave Eiffel, 1832年12月15日 - 1923年12月27日)は、フランスの技師、構造家、建設業者。
一般にはエッフェル塔を設計した人物として知られる。
エッフェルはコンテストへのプラン提出責任者、その建設を受託したエッフェル社の代表であった。
気象学と航空力学の研究発展に寄与したことでも知られる。
1832年12月15日一家の長男として、フランスのディジョンに生まれる。
家系はアルザスから移住したドイツ系アルザス人。
フランス革命時にその姿を消した王室室内装飾業者で、彼はそれを誇りに思っていたと伝わる。
幼時は目の不自由な祖母と暮した時期があった。
10歳の時、教会と風車がある箱庭を一人で造り、その見事さに人々は驚いたと伝わる。
中等学校を優秀な成績で修了後、1850年パリに出てエコール・デ・ポリテクニークを目指しサントバルブ高校に学ぶ。
1852年にパリのグランゼコールの名門校エコール・ポリテクニークの受験に失敗したため、第2希望であったエコール・デ・サントラル(中央工芸学校)化学科に入学。

「ギュスターヴ・エッフェル」と関連する人物(故人)