訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

北条宗時(ほうじょうむねとき)

武将[日本]

(北条時政の息子、治承4年8月24日没)

(ユリウス暦) 1180年 9月14日 死去享年歳

北条 宗時(ほうじょう むねとき、生年不詳 - 治承4年8月24日 (旧暦) 8月24日(1180年9月14日)は、平安時代末期の武将。
父は北条時政。
弟妹に北条政子 政子、北条義時 義時、北条時房 時房、北条政範 政範等。
通称は三郎。

伊豆国の豪族北条時政の嫡男として生まれる。
妹の政子が流人だった源頼朝の妻となっていた為、北条氏は頼朝の平氏打倒の挙兵の中心となり、治承4年(1180年)8月17日、頼朝は挙兵して伊豆目代・山木兼隆の邸を襲撃。
宗時は父時政、弟義時とともにこれに加わり、襲撃隊の先導役を務めている(『源平盛衰記』)。

23日、頼朝軍300騎は大庭景親率いる平氏方3000騎と相模国足柄郡石橋山(小田原市)で戦うが多勢に無勢で敗北して頼朝軍は潰走した(石橋山の戦い)。
翌24日、景親らは追撃の手を緩めず、頼朝軍は山中に逃げ込んだ。
土肥実平の進言により分散して再挙を図ることになり、北条父子は頼朝と別れ、時政と義時は箱根湯坂を経て甲斐国へ向かった。
宗時は山を降りて桑原に降る。
この時、時政と宗時が別行動をとった事について諸説ある。

「北条宗時」と関連する人物(故人)