訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ステパン・マカロフ

ロシア帝国海軍中将、日露戦争時の太平洋艦隊司令長官[ロシア]

1904年 3月31日 死去戦死享年歳

ステパン・マカロフ - ウィキペディアより引用
ファイル:SO_Makarov_01.jpg thumb ステパン・マカロフ
ユリウス暦1848年12月27日(グレゴリオ暦1849年1月8日)は、ロシア帝国の領土だったウクライナのヘルソン県ニコラーエフ(現在のムィコラーイウ)で海軍准士官の家庭に生まれる。
父の転属に伴いニコラエフスク・ナ・アムーレに移り、1858年、ニコラエフスク航海士学校に入学する。
1865年、航海士学校を首席で卒業したが、父の希望により航海士ではなく、海軍士官候補生となる。

1867年、太平洋艦隊_(ロシア帝国海軍) 太平洋艦隊に配属される。
1872年にバルチック艦隊 バルト艦隊、1876年に黒海艦隊勤務となる。
1877年、露土戦争_(1877年) 露土戦争に水雷艇母艦「コンスタンチン大公_(蒸気船) コンスタンチン大公」の艇長として従軍する。
マカロフは、ロシア海軍における水雷艇運用・戦術論に関する第一人者のひとりであり、露土戦争において、自分の水雷艇戦術理論を実践に移した。
すなわち、1877年1月16日、オスマン帝国の警備船「インティバフ」に対して魚雷による世界最初の対艦攻撃を行った。
1880年から1881年、アハルテキンの中央アジア探検隊に参加。
1881年から1882年には蒸気船「タマーニ_(蒸気船) タマーニ」、1885年にはフリゲート「ポジャルスキー公_(装甲巡洋艦) ポジャルスキー公」の艦長を務めた。

↑ PAGE TOP