訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

島村速雄(しまむらはやお)

元帥海軍大将[日本]

(日露戦争時の参謀長)

1923年 1月8日 死去脳梗塞享年66歳

島村速雄 - ウィキペディアより引用
島村 速雄(しまむら はやお、安政5年9月20日(1858年10月26日) - 大正12年(1923年)1月8日)は、日本の海軍軍人。
元帥海軍大将正二位勲一等功二級男爵。
高知県出身。
海南学校出身。
二男は立花和雄(立花伯爵家を継承)。
「非常な秀才で智謀は底が知れない、軍人には珍しいほど功名主義的な所が無い、生涯はつねに他者に功を譲ることを貫いた、天性のひろやかな度量のある人物」などと評される。
生い立ち 安政5年(1858年)、土佐藩の郷士・島村左五平と妻・鹿子の間に生まれる。
幼名は午吉で、四人兄弟の次男であった。
幼い頃から秀才ぶりを発揮していたが、9歳の時に父を亡くし、家計が厳しかったため、学費が不要な海軍兵学寮への進学を希望し、勉学に励んだ。
16歳のとき、島村の才気を耳にした司法省の役人から養子の誘いがあったが、「男子たるもの、他人の力で出世するのは意気地の無いことだ」として断っている(このとき、彼の代わりとして末弟が養子入りした)。