芸能人・経営者のおくやみ情報

三村敏之 氏(みむらとしゆき)

プロ野球選手、監督[日本]

2009年 11月3日 死去心不全享年61歳

三村 敏之(みむら としゆき、1948年9月19日 - 2009年11月3日)は、広島県安芸郡海田町出身の元プロ野球選手(内野手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
来歴・人物 プロ入りまで 海田町立海田市小学校(現:海田町立海田小学校)、海田町立海田中学校を経て、広島県立広島商業高等学校に進学。
1966年、2年生エース山本和行を擁し夏の甲子園県予選決勝に進出。
伊原春樹のいた北川工を破り、夏の選手権に出場。
しかし1回戦で桐生高に敗退する。
現役時代 1966年のドラフト2位で広島カープに入団。
入団4年目の1970年より遊撃手のレギュラーに定着。
1972年にはリーグ2位の打率.308を記録。
バントやヒットエンドランなどのプレーを得意とし、1975年には同年に移籍してきた同じ広島県安芸郡海田町の出身で子供の頃から草野球を一緒にした幼馴染の大下剛史と打順1・2番を形成し(1番大下、2番三村)、同年のチーム初優勝に貢献した。

プロ野球、広島カープ・広島東洋カープの選手・監督。 右投右打、ポジションは内野手。背番号は48→30→9番。 1948年9月19日生まれ。広島県出身。 広島商で甲子園出場。1966年、第一次ドラフト2位で広島カープに入団。 1971年、一軍に定着。右打ち(流し打ち)の名手として鳴らし、以降、2番打者として活躍。 1975年、大下剛史と二遊間を築き、カープの初優勝に貢献。山本浩二、衣笠祥雄らと共に、カープの黄金時代に貢献した。 1983年、現役引退。オールスター出場4度。ベストナイン3回。 1984年、広島東洋カープの内野守備走塁コーチに就任。 1991年、二軍監督に就任。ウエスタンリーグで優勝を果たした。 1994年、広島東洋カープの監督に就任。緒方孝市、金本知憲を見出した。 1994年、1996年と優勝争いを演じたものの、故障者が多く、優勝できなかったのは惜しまれる。 1998年、退団。 退団後はRCCの野球解説者となる。また、マスターズリーグ・福岡ドンタクズの選手としても活躍。 2003年、広島東洋カープのヘッドコーチとして球団復帰。2005年、成績不振のために退団。 2007年、東北楽天ゴールデンイーグルスの編成部入り。09年に病気療養のため退任。 2009年11月3日、仙台市内で逝去。 (引用元 Hatena Keyword)