訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

南田洋子 氏(みなみだようこ)

女優[日本]

2009年 10月21日 死去くも膜下出血享年77歳

南田洋子 - ウィキペディアより引用
南田 洋子(みなみだ ようこ、本名:加藤 洋子、旧姓:北田、1933年(昭和8年)3月1日 - 2009年(平成21年)10月21日)は、日本の女優。
東京市芝区(現東京都港区)三田出身。
文化学院文学科卒業。
身長155cm。
夫は長門裕之。
義弟に津川雅彦、義妹に朝丘雪路、夫の姪に真由子、従兄弟の娘に山田よう子、甥に北田陽一郎。
人物・略歴 東京市芝区三田に米穀商の娘として生まれる。
母親は日本舞踊の師匠をしていた。
終戦後、茨城県土浦市に移り、1951年(昭和26年)、茨城県土浦第一高等女学校(現:つくば国際大学高等学校)を卒業後、単身上京し、文化学院の文学科に入学。
伯父の家に下宿して知人の紹介で水谷八重子に弟子入りする。
文化学院卒業後、大映ニューフェイスとして入社。
同期に若尾文子がいた。
翌1952年(昭和27年)の『美女と盗賊』で映画デビュー。
1953年、若尾文子と共演した『十代の性典』が大ヒット。
その後シリーズ化され、「性典スター」と呼ばれた。
1955年(昭和30年)、大映から日活に移籍。
若尾の進言により、芥川賞を受賞した話題作『太陽の季節』が映画化されて長門裕之とともに主演。