芸能人・経営者のおくやみ情報

高橋義孝 氏(たかはしよしたか)

ドイツ文学者[日本]

1995年 7月21日 死去享年83歳

高橋義孝 - ウィキペディアより引用

高橋 義孝(たかはし よしたか、1913年3月27日 - 1995年7月21日)は、日本のドイツ文学者、評論家、随筆家。
文壇関係者からは名前を音読みして「たかはし ぎこう」と称される場合もある、 経歴・人物 東京府東京市神田区生まれ。
錦華尋常小学校、第二東京市立中学校(現東京都立上野高等学校)で福田恆存と同級。
旧制高知高等学校を経て、1935年、東京帝国大学独文科卒業。
大学院に進学するが1936年卒業、1937年よりフンボルト財団給費生としてベルリン大学へ留学。
1938年、ケルン大学へ移りドイツ文学を学ぶ。
1939年、帰国し、東京の旧制府立高等学校教授となり、翻訳のほか文芸評論を発表した。
1944年、陸軍科学学校教授としてドイツ語を教える。
第二次世界大戦中はナチスの紹介にも手を染め、戦後もマルクス主義の文学理論を批判した。
1947年に北海道大学法文学部助教授となるも、北海道が東京からはるか離れた僻地であることに嫌気が差して1948年に退官、執筆に専念するが、1950年、九州大学助教授に任命され、1954年、教授。

たかはしよしたか [生]1913.3.27.東京[没]1995.7.21.東京ドイツ文学者,評論家。1935年東京大学独文科卒業後ドイツに留学(1937~38),ドイツ文芸学を中心とする文学理論の研究者となる。54年九州大学教授,72年名古屋大学教授。ベルリン大学客員教授。文学博士。『文芸学批判』(48),『芸術の秘密』(49)を経て『文学研究の諸問題』(58)にいたり,深層心理学を援用した文学理論を完成。ほかに評論『森鴎外』(54),『近代芸術観の成立』(65),『文学非芸術論』(72),T.マンやゲーテの翻訳など。『現代不作法読本』(58)など随筆も多く,また相撲好きとしても知られ,64年横綱審議委員会委員に就任。81年より第4代委員長となり,「横綱には風格が必要」と横綱昇進の内規を見直す。90年健康上の理由から辞任。相撲関連の著述も多かった。 (引用元 コトバンク)