芸能人・経営者のおくやみ情報

八田與一(はったよいち)

土木技師[日本]

(日本の台湾統治時代にダムや用水路の建設を推進)

1942年 5月8日 死去撃沈享年57歳

八田與一 - ウィキペディアより引用

八田 與一(現在の字体では八田 与一、はった よいち、1886年2月21日 – 1942年5月8日)は、日本の水利技術者。
日本統治時代の台湾で、農業水利事業に大きな貢献をした人物として知られる。
生い立ち〜台湾へ 石川県河北郡花園村(現在は金沢市今町)の出身。
石川県尋常中学、第四高等学校(四高)を経て、1910年(明治43年)に東京帝国大学工学部土木科を卒業後、台湾総督府内務局土木課の技手として就職した。
台湾では初代民政長官であった後藤新平以来、マラリアなどの伝染病予防対策が重点的に採られ、八田も当初は衛生事業に従事し、嘉義市・台南市・高雄市などの各都市の上下水道の整備を担当した。
その後、発電・灌漑事業の部門に移った。
八田は28歳で当時着工中であった桃園大圳の水利工事を一任されたが、これを成功させ、高い評価を受けた。
当時の台湾はまさにこういったインフラ建設のまっただなかで、水利技術者にはおおいに腕のふるいがいのある舞台であった。
31歳のとき、故郷金沢の開業医で後に県議なども務めた米村吉太郎の長女・外代樹(とよき)(当時16歳)と結婚した。

(八田与一、1886年2月21日 – 1942年5月8日) 日本の水利技術者。日本統治時代の台湾で、農業水利事業に大きな貢献をした人物として知られる。 (引用元 Hatena Keyword)

「八田與一」と関連する人物(故人)