芸能人・経営者のおくやみ情報

島木健作(しまきけんさく)

作家[日本]

1945年 8月17日 死去肺結核享年43歳

島木健作 - ウィキペディアより引用

島木 健作(しまき けんさく、1903年9月7日 - 1945年8月17日)は、日本の小説家。
本名は朝倉 菊雄(あさくら きくお)。
高見順・中野重治・徳永直・林房雄らとともに、転向文学を代表する作家の1人。
北海道札幌市生まれ。
2歳で父と死別、母に育てられる。
家計を助けるために高等小学校を中退、銀行の給仕・玄関番などをしながら苦学した。
旧制北海中学卒業後、北大図書館などの勤務を経て、1925年東北帝国大学法学部の選科に入学。
入学後間もなく東北学連に加盟、中心人物として仙台初の労働組合の結成にも携わる。
翌年大学を中退し、日本農民組合香川県連合会木田郡支部の有給書記として農民運動に参加する。
翌1927年には肺結核に苦しみながら、最初の普通選挙による県会国会選挙の活動に従事、この頃日本共産党に入党したと推定される。
しかし1928年の三・一五事件で検挙され、起訴後の翌1929年に転向の声明を行った。
1930年3月に有罪の判決を受けて服役するが、肺結核の悪化に苦しみ病監から隔離病舎に移され1932年3月仮釈放となる。

しまきけんさく [生]1903.9.7.札幌[没]1945.8.17.東京小説家。本名,朝倉菊雄。2歳のとき父と死別,母の内職で成人。1926年東北大学法学部選科を中退して農民運動に参加したが,検挙されて28~32年獄中生活をおくった。その体験に基づく『癩(らい)』(1934)を発表,転向文学として注目され,『再建』(37)はのちに発売禁止となったが決定的評価を得た。左翼運動の挫折からの「信念再生の物語」を期した『生活の探求』(37,38)は転向文学の新生面を開いたものとして好評を博した。以後『人間の復活』(39),『運命の人』(40),『礎』(44)などの力作を書き続けたが,病弱と過労で,第2次世界大戦の敗戦2日後に死んだ。なお死後発表された『赤蛙』(46)は小動物の生と死に自己の感慨を託した心境小説で,作者の最後に到達した死生観が注目を浴びた。 (引用元 コトバンク)