芸能人・経営者のおくやみ情報

清沢満之(きよざわまんし)

侶・真宗大谷派、哲学者[日本]

1903年 6月6日 死去肺結核享年41歳

清沢 満之(きよざわ まんし、1863年8月10日(文久3年6月26日) - 1903年(明治36年)6月6日)は、日本の明治期に活躍した真宗大谷派僧侶、哲学者・宗教家。
旧姓は「徳永」。
幼名は「満之助」。
院号法名は、「信力院釋現誠」。
生涯 建峰時代 尾張藩士、徳永永則の子として、尾張国名古屋(現、名古屋市)に生まれる。
英語学校、医学校に入るも、いずれも廃校になり、その方面の道を断念。
彼は優秀で前者の愛知英語学校では通訳として教授のイギリス人が演説に出かけるときは通訳をしたという。
浄土真宗本願寺派の名古屋別院にある医学校はドイツ語を習っただけで廃校になっている。
1878年2月、得度して真宗大谷派の僧侶となり、東本願寺育英教校に入学した。
当時は非常に活発で走ったり相撲をしたりしている。
その留学生として東京大学予備門に補欠募集があるのを知り、僅かの準備期間でトップで入学した。
1887年に東京大学文学部哲学科を首席で卒業。
同級生には後に文部大臣になる岡田良平、梅本順三郎が、一年後輩に、上田万年や沢柳政太郎がいた。

浄土真宗大谷派の僧・宗教家。愛知県生。幼名は満之助。諱は賢了、号は現誠・建峰・骸骨・石水・臘扇・浜風等。東本願寺育英教校を経て東大に入学。卒業後は大学院に進み宗教哲学を専攻。京都府尋常中学校校長を務め、愛知県西方寺に入り清沢姓となる。雑誌「教界時言」を発刊して宗門改革を主張した。また、暁烏敏らと雑誌「精神界」を発刊して精神主義を唱え、絶対他力信仰を鼓舞した。著に『精神講和』『仏教講和』等。明治36年(1903)寂、41才。 (引用元 コトバンク)