芸能人・経営者のおくやみ情報

横山富雄 氏

元日本中央競馬会騎手[日本]

2009年 9月18日 死去病気享年69歳

横山 富雄(よこやま とみお、1940年2月25日 - 2009年9月18日)は日本中央競馬会 (JRA) の騎手、調教助手。
1940年2月25日、北海道に生まれる。
中山大障害5勝をはじめ障害競走の名手として有名であったが、1969年に徳吉一己のお手馬だったメジロタイヨウが徳吉の私的な都合(家庭の不幸)により騎乗を辞退し、鞍上未定となっていたところ「富雄は障害出身で長手綱だから、長距離に向いているのでは」と推薦されたことによりメジロタイヨウの主戦騎手となり、以降北野豊吉率いるメジロ軍団の主戦騎手として活躍。
派手さはないものの職人肌の堅実な騎乗で人気があった。
中央競馬史上初めて平地・障害でそれぞれ通算100勝を達成している。
1982年、調教中に病に倒れ翌年引退。
その後は調教助手として定年まで馬に関わり続けた。
JRA競馬学校教官で元JRA騎手の横山賀一は長男、競馬学校第2期生でその後JRA騎手となった横山典弘は次男、同27期生でその後騎手となった横山和生は孫、また菊沢隆徳は娘婿にあたる。

  • 題名
    父記
    著者
    横山護
    発売元
    発売日
    2018-08-11
    新品価格
    より
    中古商品
    より

元JRA騎手。美浦トレーニングセンター所属。 JRA騎手の横山賀一は長男、横山典弘は次男。 1940年2月25日生まれ、小西喜蔵?厩舎からデビューし1961年初騎乗。JRA通算559勝(うち障害120勝)。重賞80勝。騎手時代はメジロの主戦としてメジロタイヨウ?、メジロムサシで天皇賞を制している。また平地・障害でそれぞれ通算100勝を達成するなど障害レースの名手でもあった。1983年騎手引退。2009年9月18日逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

「横山富雄」と関連する人物(故人)