芸能人・経営者のおくやみ情報

黒田官兵衛(くろだかんべえ)

戦国大名[日本]

(諱・孝高、号・如水、慶長9年3月20日没)

1604年 4月19日 死去享年59歳

黒田官兵衛 - ウィキペディアより引用

『黒田孝高』より : 黒田 孝高(くろだ よしたか)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。
戦国の三英傑に重用され筑前国福岡藩祖となる。
キリシタン大名でもあった。
諱(実名)は初め祐隆(すけたか)、孝隆(よしたか)、のち孝高といったが、一般には通称をとった黒田 官兵衛(くろだ かんべえ)、あるいは剃髪後の号をとった黒田 如水(くろだ じょすい)として広く知られる。
豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。
竹中重治(半兵衛)と双璧をなす秀吉の参謀と評され、後世「両兵衛」「二兵衛」と並び称された。
生涯 出身 黒田氏は、『寛永諸家系図伝』などによれば、賤ヶ岳山麓の近江国伊香郡黒田村(現在の滋賀県長浜市木之本町黒田)の出身とされるが、定かではない。
孝高の祖父・黒田重隆の代に備前国邑久郡福岡村から播磨国に入り、龍野城主・赤松政秀、後に守護・赤松晴政重臣で御着城(現在の姫路市東部)を中心に播磨平野に勢力を持っていた戦国大名の小寺則職・政職父子に仕えた。

日本の戦国時代から江戸前期にかけての武将・大名。1546年、姫路生まれ。九州・福岡藩52万石の礎を築いた人物で「天才軍師」と称されている。黒田孝高(よしたか)が正式の名前で、官兵衛は字(あざな)。出家後は如水の号を名乗った。播磨国(現兵庫県)姫路城主の長男として誕生し、22歳で家督を継いで父・職隆と同様に小寺家家老の座についた。織田信長が勢力を伸ばしつつあった当時、豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。キリシタン大名でもあり、子に黒田長政がいる。2014年、NHKが、この黒田官兵衛を主役として大河ドラマを制作。タイトルは「黒田官兵衛」で、人気グループV6の岡田准一が官兵衛を演じる。 (2012-10-18) (引用元 コトバンク)