芸能人・経営者のおくやみ情報

ルイ・パスツールLouis Pasteur

化学者細菌学者[フランス]

(「近代細菌学の開祖」)

1895年 9月28日 死去享年74歳

ルイ・パスツール - ウィキペディアより引用

ルイ・パスツール(フランス語: Louis Pasteur, 1822年12月27日 - 1895年9月28日、パストゥールとも)は、フランスの生化学者、細菌学者。
「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」という言葉でも知られる。
王立協会外国人会員。
ロベルト・コッホとともに、「近代細菌学の開祖」とされる。
分子の光学異性体を発見。
牛乳、ワイン、ビールの腐敗を防ぐ低温での殺菌法(パスチャライゼーション・低温殺菌法とも)を開発。
またワクチンの予防接種という方法を開発し、狂犬病ワクチン、ニワトリコレラワクチンを発明している。
生涯 ルイ・パスツールはフランス、ジュラ地方のドールで皮なめし職人の息子として生まれた。
1843年にパリの高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリウール)に入学し、1846年に博士号を取得した。
化学を専攻したが、初めは才能がみられず、指導した教授の一人は彼を「平凡である」(日本的には「普通」の評価。
5段階で3くらい)と評した。
初期の、化学者時代の業績としては、酒石酸の性質の解明(1849年)がある。

[仏] Louis Pasteur ルイ・パスツール(1822年12月27日 - 1895年9月28日)は、フランスの化学者・細菌学者。 「近代細菌学の開祖」とも称される。 白鳥の首フラスコを用いて、微生物の自然発生説を実証的に否定した。なお、このときの実験に用いた肉汁は、今でも腐敗しないまま保存されている。 上の発見に関係して、低温殺菌法を考案した(pasteurization)。しかし日本では、これに300年以上先立って「火入れ」という同等の技術が行われていた。 酒石酸アンモニウムナトリウムの結晶の観察から、光学異性体の存在を発見した。 乳酸菌や酪酸菌を発見した。 狂犬病などへの予防接種を開発し、これを「ワクチン」と名づけた(種痘法自体は1796年にエドワード・ジェンナーが創始しているが、科学的研究に着手したのはパスツールがはじめて)。 関連 → パスツール研究所 ○ (引用元 Hatena Keyword)

「ルイ・パスツール」と関連する人物(故人)