芸能人・経営者のおくやみ情報

津田梅子(つだうめこ)

教育者[日本]

1929年 8月16日 死去享年64歳

津田梅子 - ウィキペディアより引用

津田 梅子(つだ うめこ、元治元年12月3日(1864年12月31日) - 昭和4年(1929年)8月16日)は、日本の教育者。
日本における女子教育の先駆者と評価される。
初名はうめ(「むめ」と書いた)で、明治35年(1902年)に漢字表記に改めて「梅子」とした。
梅子は、津田仙(旧幕臣・東京府士族)・初子夫妻の次女として、江戸の牛込南御徒町(現在の東京都新宿区南町)に生まれた。
父・仙は幕臣であったため、幕府崩壊とともに職を失ったが、明治2年(1869年)に築地のホテル館へ勤めはじめ、津田家は一家で向島へ移った。
仙は西洋野菜の栽培なども手がけ、幼少時の梅子は手習いや踊などを学び、父の農園の手伝いもしている。
アメリカ留学 明治4年(1871年)、仙は明治政府の事業である北海道開拓使の嘱託となり、津田家は麻布へ移る。
開拓使次官の黒田清隆は女子教育にも関心を持っていた人物で、仙は黒田が企画した女子留学生に梅子を応募させ、同年、岩倉使節団に随行して渡米。

つだうめこ [生]元治1(1864).12.3.江戸[没]1929.8.16.神奈川,鎌倉津田塾大学の創立者。女子教育,特に女子の英語教育の指導者。津田うめともいう。佐倉藩士津田仙の二女。8歳で女子留学生として渡米。1882年帰国,のち華族女学校教授となったが,1889年再度渡米し,生物学,教育学などを学び,1892年帰国。引き続き華族女学校教授を務め,1898年から女子高等師範学校教授を兼任。1900年職を辞し,みずから英語を通じて女子の国際的知見を広め,英語教員を養成することを目的として東京麹町に女子英学塾を創設した。かたわら,1901年英文新誌社を設立,英語教科書,英文学書の出版を行なった。この英学塾は中流以上の女子の近代的教養の啓発と英語教育に貢献し,津田英学塾へと発展,1948年津田塾大学となった。 (引用元 コトバンク)