芸能人・経営者のおくやみ情報

田川誠一 氏

政治家、元新自由クラブ代表[日本]

2009年 8月7日 死去老衰享年91歳

田川 誠一(たがわ せいいち、1918年6月4日 - 2009年8月7日)は、日本の政治家。
衆議院議員(11期)。
元神奈川県会議員田川誠治の長男。
新自由クラブ代表(2代)、進歩党代表。
神奈川県横須賀市出身。
田川家は大地主の家系。
1941年12月慶應義塾大学法学部卒業後、朝日新聞社に入社したが、翌年に陸軍・近衛歩兵第五連隊補充隊(東部第八連隊)に入営した。
復員後は朝日新聞社に復職し、通信部及び政経部記者、同社労組委員長等を務める。
同社退社後、松村謙三衆議院議員(元文部大臣)秘書を経て、1960年に衆議院選挙に初当選。
以後旧神奈川2区から11回連続当選。
自由民主党時代は「ハト派」議員として活動し、科学技術政務次官などを歴任。
後に旧神奈川2区から小泉純一郎が当選したが、選挙区内の郵政関係各団体は田川支援していたため、小泉と郵政各団体との関係は悪化したとされる。
1976年、河野洋平(田川の従弟)、山口敏夫らと共に自民党を離党し、新自由クラブの結成に参加。
西岡武夫が路線対立で離党した後、その後任として幹事長に就任。

たがわ-せいいち 1918-2009昭和後期-平成時代の政治家。大正7年6月4日生まれ。河野洋平の従兄。朝日新聞記者,文相秘書官などをへて,昭和35年衆議院議員に初当選(当選11回)。自民党時代は松村謙三にしたがい,日中国交正常化につくす。51年新自由クラブを結成。58年自民党と連立内閣をくみ,第2次中曾根内閣の自治相。62年ひとりで進歩党をつくり,金権政治の打破をとなえた。平成5年引退,進歩党を解散。平成21年8月7日死去。91歳。神奈川県出身。慶大卒。 (引用元 コトバンク)