芸能人・経営者のおくやみ情報

大原麗子 氏(おおはられいこ)

女優[日本]

2009年 8月3日 死去病死享年62歳

大原 麗子(おおはら れいこ、1946年11月13日 - 2009年8月3日 )は、日本の女優。
東京都文京区出身。
潤徳女子中学校、北豊島高等学校卒業。
本名は飯塚 麗子(いいづか れいこ)。
六本木野獣会出身で大野伴睦の長男で東京放映の社長である大野直にスカウトされ、芸能界入り。
中尾ミエ主演の東宝映画『夢であいましょ』(1962年)にも端役で出演していたが、1964年(昭和39年)、テレビドラマ『幸福試験』(NHK)の出演でデビューし、翌年、東映へ入社。
佐久間良子主演の『孤独の賭け』で初めて本格的な映画に出演し、高倉健の『網走番外地』シリーズ、千葉真一主演作品での助演、梅宮辰夫の『夜の青春』シリーズをはじめ、数々の映画に出演したが、梅宮の主演映画では酒場のホステスやパンスケ役が多かったが、1971年に東映との契約切れを機に渡辺プロダクションに移籍した。

女優。 1946年11月13日生まれ。東京都文京区出身。 1964年、NHKドラマ「幸福試験」でデビュー。 サントリーレッドのCM「すこし愛して、なが〜く愛して」が有名。 渡瀬恒彦、森進一と結婚していた。 しかし、晩年は病気を理由に表舞台には出れなかった。2009年8月3日に死去。亡くなったのを報じられたのは3日後のことだった。 3回忌の席で、実弟によって、江戸時代の赤穂藩主・浅野内匠頭の子孫であったことが明かされた。 (引用元 Hatena Keyword)