訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

藤枝晃雄 氏(ふじえだてるお)

美術評論家[日本]

2018年 4月26日 死去誤嚥性肺炎享年83歳

藤枝 晃雄(ふじえだ てるお、1936年 - )は、美術評論家、武蔵野美術大学名誉教授。
福井県出身。
東京芸術大学美術学部卒業。
京都大学大学院中退。
ペンシルベニア大学大学院に留学、2002年「ジャクソン・ポロック」で大阪大学文学博士。
専攻はポロック、ブラック、草間彌生など。
1960年代後半から『美術手帖』などに論評をよせている。
クレメント・グリーンバーグが提唱したフォーマリズム批評を日本の美術ジャーナリズムに持ち込んだ。
著書 『現代美術の展開』 美術出版社、1977年 『ジャクソン・ポロック』 美術出版社、1979年/スカイドア、1994年/[新版]東信堂、2007年 『現代美術の展開 美術の奔流この50年』 美術出版社、1986年 『絵画論の現在 マネからモンドリアンまで』 スカイドア、1993年 『現代芸術の不満』 東信堂、1996年 『現代芸術の彼岸』 武蔵野美術大学出版局、2005年 共著編 『空間の論理 日本の現代美術』 原栄三郎、篠原有司男共著、ブロンズ社、1969年 『現代の美術 9 構成する抽象』 講談社、1971年 『巨匠の名画 8 モディリアーニ』 嘉門安雄共編、学習研究社、1977年 『世界の素描 33 マティス 』 講談社、1978年 『アメリカの芸術 現代性を表現する』 弘文堂、1992年 『芸術理論の現在 モダニズムから』 谷川渥共編著、東信堂、1999年 『現代芸術論』 武蔵野美術大学出版局、2002年 『絵画の制作学』 谷川渥、小澤基弘共編著、日本文教出版、2007年 翻訳 グリーンバーグ批評選集 勁草書房 2005.4。

「藤枝晃雄」と関連する人物(故人)