芸能人・経営者のおくやみ情報

伊達斉邦(だてなりくに)

陸奥仙台藩主[日本]

(天保12年7月24日没)

1841年 9月9日 死去享年25歳

伊達斉邦 - ウィキペディアより引用

伊達 斉邦(だて なりくに)は、陸奥仙台藩の第12代藩主。
伊達氏第28代当主。
登米伊達氏・伊達宗充(第5代藩主・伊達吉村の八男・伊達村良の子)の長男。
母は片倉村典の娘。
正室は第11代藩主・伊達斉義の娘・勁松院綵姫。
文化14年9月27日(1817年11月6日)登米郡寺池村の登米館にて出生。
『仙台叢書』では文化14年5月28日出生とある。
幼名は藤三郎、後に幸五郎。
文政2年5月(1819年)に男子がなかった藩主・伊達斉宗が病床に伏したために、後継者を選定する必要が生じ、当時2歳であった幸五郎(斉邦)が、陸奥仙台藩一門の涌谷伊達氏の源次郎(のちの伊達義基、当時12歳)、支藩一関藩主・田村宗顕養弟で従兄(父・宗充の実兄である田村村資の子)の田村顕嘉同様に藩主後継候補に挙がった。