訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

伊達斉義(だてなりよし)

陸奥仙台藩主[日本]

(文政11年11月27日没)

1828年 1月13日 死去享年31歳

伊達斉義 - ウィキペディアより引用
伊達 斉義(だて なりよし)は、陸奥仙台藩の第11代藩主。
伊達氏の第27代当主。
仙台藩第5代藩主・伊達吉村の八男・伊達村良の庶長子である陸奥一関藩主・田村村資の四男(すなわち吉村の曾孫にあたる)。
母は脇坂安親の娘。
寛政10年3月7日(1798年4月22日)に江戸にて出生する。
『寛政重修諸家譜』では幼名を吉五郎と記される。
誕生直後、父の村資は隠居し、陸奥一関藩は既に養子になっていた宗顕が相続した。
文化9年(1812年)に元服して諱を顕嘉(あきよし)、通称を石見と称した。
ふさわしい年齢に達していないという理由で宗顕の養嗣子とならず、部屋住み身分として一関へ下る。
文政2年4月26日(1819年)に一関から仙台城に迎えられ、陸奥仙台藩の「藩治を摂関」する。
仙台藩から幕府に願いが提出された末に、同年5月25日、嗣子なくして亡くなった第10代藩主・斉宗の娘と婚約、その婿養子という形で第11代藩主に就任した。
なお、婚約者の芝姫は当時3歳であった。
同年5月27日に氏を田村から伊達に、通称を石見から藤次郎に改める。