芸能人・経営者のおくやみ情報

和田博実 氏

プロ野球選手[日本]

(西鉄で捕手として活躍)

2009年 6月22日 死去膵臓がん享年72歳

和田 博実(わだ ひろみ、1937年3月26日 - 2009年6月22日)は、大分県臼杵市出身(鹿児島県生まれ)の元プロ野球選手(捕手、外野手)・コーチ・監督、評論家。
1955年から1956年までの登録名は和田 博美。
来歴・人物 父親の転勤で幼少時に大分県臼杵市へ転居した。
小学校5年から捕手となり、臼杵高校でも野球部に入部するが、父が「息子を医者にさせたい」と考えており一旦退部。
後に「血を見るのは苦手だった」という事情で野球部に復帰。
卒業後の1955年に西鉄ライオンズへ入団すると、三原脩監督がキャッチングとスローイングを評価し、2年目の1956年から頭角を現す。
1957年から正捕手に抜擢され、チームの3年連続リーグ優勝・日本一に貢献。
稲尾和久との黄金バッテリーで知られ、1957年の日本シリーズではランニング本塁打を含む2打席連続本塁打を放った。
1959年には三原の勧めで上半身を鍛えるようになり、1960年には打率.295を記録し、1962年には初めて規定打席に達して打率.325(リーグ6位)、14本塁打、54打点と自己最高の成績を記録。

プロ野球、西鉄ライオンズの選手。 登録名「和田博美」。 右投右打、ポジションは捕手。背番号は46→2→12番。 1937年3月26日生まれ。大分県出身。 臼杵高校から1955年、西鉄ライオンズに入団。登録名を「和田博美」とする。 1956年、一軍に定着。同年、日比野武に代わり正捕手となる。 1957年、本名に戻す。 正捕手として、ライオンズの黄金時代に大きく貢献した。 また、良き女房役として1960年代のライオンズを支えた。 1968年5月28日、サイクルヒットを達成。 1970年、コーチ兼任選手となる。外野手としても出場した。 1972年、球団身売りとともに現役引退。 1973年、太平洋クラブライオンズのコーチに就任。1975年より二軍監督に就任。 1982年より、西武ライオンズの米国留学担当コーチとして若手の指導に当たった。 1992年、退団。 1993年、阪神タイガースのフロント入り。 1995年、ヘッドコーチに就任。 1996年、フロント入りした後、1997年、二軍監督として現場復帰。1998年まで務めた。 1999年、社会人野球・サンワード貿易の助監督に就任。 2006年、マスターズリーグ・福岡ドンタクズのコーチに就任。 2009年6月22日、逝去。 (引用元 Hatena Keyword)