芸能人・経営者のおくやみ情報

ロベルト・シューマン

作曲家[ドイツ]

1856年 7月29日 死去享年歳

ロベルト・シューマン - ウィキペディアより引用

ローベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 - 1856年7月29日)は、ドイツ・ロマン派を代表する作曲家。
ベートーヴェンやシューベルトの音楽のロマン的後継者として位置づけられ、交響曲から合唱曲まで幅広い分野で作品を残した。
とくにピアノ曲と歌曲において評価が高い。
ツヴィッカウの裕福な家庭に生まれ、ライプツィヒ大学の法科に進むも、ピアニストをめざしてフリードリヒ・ヴィーク(1785年 - 1873年)に師事する。
しかし、指の故障によりピアニストを断念、作曲家となる。
ヴィークの娘でピアニストのクララ(1819年 - 1896年)との恋愛と結婚はシューマンの創作活動に多大な影響を及ぼした。
文学への造詣も深く、1834年に「新音楽時報」の創刊に携わり、以後10年間にわたって音楽評論活動を行う。
このころから精神障害の症状に悩まされるようになる。
1844年にライプツィヒからドレスデンへ、1850年にデュッセルドルフへと移住して指揮者としても活動する。

ロベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann) 1810年6月8日〜1856年?7月29日 ドイツの作曲家、ピアニスト。妻はピアニストのクララ・シューマン。 (引用元 Hatena Keyword)