芸能人・経営者のおくやみ情報

江戸川乱歩 氏(えどがわらんぽ)

推理小説作家[日本]

1965年 7月28日 死去くも膜下出血享年72歳

江戸川乱歩 - ウィキペディアより引用

江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ、旧字体:江戶川 亂步、男性、1894年(明治27年)10月21日 - 1965年(昭和40年)7月28日)は、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家である。
また、戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。
実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所(ミリオン資料サービス)に勤務していた経歴を持つ。
本名は平井 太郎(ひらい たろう)。
日本推理作家協会初代理事長。
位階は正五位。
勲等は勲三等。
ペンネーム(江戸川乱歩)はアメリカの作家、エドガー・アラン・ポーに由来する。
1894年(明治27年)三重県名賀郡名張町(現・名張市)に名賀郡役所書記の平井繁男・きくの長男として生まれる(本籍地は津市)。
平井家は武士の家柄で、祖先は伊豆伊東(静岡県)の郷士だった。
のちに津藩(三重県)の藤堂家に仕え、乱歩の祖父の代まで藤堂家の藩士として勤めつづけた。
2歳の頃父の転勤に伴い鈴鹿郡亀山町(現・亀山市)、翌年名古屋市に移る。
(以降、大人になっても点々と引越しを繰り返し、生涯引っ越した数は46件にも及ぶ)小学生のころに母に読みきかされた菊池幽芳訳『秘中の秘』が、探偵小説に接した最初であった。

推理小説家。三重県生。本名は平井太郎。早大卒。多彩な職業遍歴ののち執筆した『二銭銅貨』が「新青年」編集長森下雨村に認められ、文壇にデビュー。以後『D坂の殺人事件』『心理実験』『屋根裏の散歩者』『人間椅子』『陰獣』等怪奇な謎を秘めつつも科学的推理に基づく作品を次々と発表、また『怪人二十面相』等の児童ものでも幅広い人気を集めた。戦後は内外探偵小説の紹介・研究評論、江戸川乱歩賞の創設等、後進の育成にも力を注いだ。探偵作家クラブ賞受賞、日本推理作家協会初代理事長。昭和40年(1965)歿、70才。 (引用元 コトバンク)