芸能人・経営者のおくやみ情報

アンドレス・エスコバル 氏

サッカー代表選手[コロンビア]

1994年 7月2日 死去射殺享年28歳

アンドレス・エスコバル・サルダリアガ(Andrés Escobar Saldarriaga, 1967年3月13日 - 1994年7月2日)は、コロンビアのサッカー選手。
ポジションはディフェンダー。
コロンビア代表のキャプテンをつとめた。
コロンビア代表のセンターバックとして数々の国際大会に出場。
1989年には麻薬王パブロ・エスコバルがオーナーであるアトレティコ・ナシオナルの一員としてコパ・リベルタドーレス優勝に貢献し、インターコンチネンタルカップでACミランとも対戦したことがある。
代表では主将も任されるなど、南米屈指のディフェンダーとして知られた。
ワールドカップイタリア大会に出場し堅実な守備で同国初のグループリーグ突破に貢献したが、決勝トーナメント1回戦でカメルーンに1-2で敗れベスト16に終わった。
1994 FIFAワールドカップ・南米予選にて、コパアメリカで南米チャンピオンに輝いた、アルゼンチン代表を5-0で破るなどして首位で本大会に進出。

元コロンビア代表サッカー選手。ポジションはDF(センターバック)。 ナシオナル・メデジンをリベルタドーレス杯優勝に導いたメンバーの一人で、代表でも主将を務めるなど、南米屈指のセンターバックとして知られていた。 しかし、1994年のアメリカW杯のグループリーグのアメリカ代表戦で、オウンゴールを献上し、これが遠因となりコロンビア代表はグループリーグ敗退。エスコバルは帰国後、男*1に銃撃され射殺された。享年27。 死後、コロンビア代表は次のW杯開催までの4年間、彼のつけていた背番号4を欠番とした。 *1:犯行の動機にはサッカー賭博が絡んでいるとされているが、はっきりしていない (引用元 Hatena Keyword)