訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

廣重毅 氏(ひろしげつよし)

空手家[日本]

(極真空手の世界王者を何人も育てる)

2018年 4月18日 死去享年72歳

廣重 毅(ひろしげ つよし、1947年11月1日 - )は、フルコンタクト空手の空手家。

大山倍達生存中の下では極真会館東京城南支部長の任にあった。
極真会館分裂後は松井派の関東本部長を務めた後、盧山初雄率いる極真館(財団法人極真奨学会・極真空手道連盟)の副館長に就任した。

福岡県出身。
1973年6月、25歳の時に極真会館に入門。

1994年極真空手創始者・大山倍達の死後、松井章圭が館長となった極真会館の関東本部長を務めていた。
極真会館・城南川崎支部支部長時代には、堺貞夫、緑健児(現・新極真代表)、八巻建弐(現・米国八巻道場)、数見肇(現・数見道場)、塚本徳臣(現・新極真)、岩崎達也(現・総合空手術心意拳学舎)、高久昌義(現・極真会館松井派)、坂本恵義(全日本極真連合会 坂本道場)など多数の世界・日本王者、名選手を育て名伯楽と呼ばれていたが、2002年12月に、当時、極真会館の最高顧問・主席師範であった盧山初雄と共に、松井章圭率いる極真会館のあり方に異を唱え離脱。
翌年の2003年に、盧山初雄が興した極真空手道連盟、極真館に合流し、現在、極真館の副館長を務めている。

「廣重毅」と関連する人物(故人)