芸能人・経営者のおくやみ情報

星亨(ほしとおる)

政治家[日本]

1901年 6月21日 死去刺殺享年52歳

星亨 - ウィキペディアより引用

星 亨(ほし とおる、嘉永3年4月8日(1850年5月19日) - 明治34年(1901年)6月21日)は、日本の政治家。
元衆議院議員。
江戸築地の小田原町(現在の東京都中央区築地)、左官屋の子に生まれ、維新後に横浜税関長となり、のちに渡英して弁護士資格を取得した。
明治15年(1882年)自由党に入り「自由新聞」により藩閥政府を批判した。
明治16年(1883年)には福島事件で河野広中を弁護した。
明治17年(1884年)に官吏侮辱の罪に問われ明治20年(1887年)保安条例発布で東京を追われた。
明治21年(1888年)出版条例違反で入獄した。
明治25年(1892年)第2回総選挙に当選して衆議院議長となった。
第4次伊藤内閣で逓信相となったが東京市疑獄事件で辞職した。
明治34年(1901年)、伊庭想太郎に刺殺された。
生涯 江戸の左官屋佃屋徳兵衛の子として生まれる。
父は金遣いが荒く倒産し行方不明となり、母松子が髪結いや下女奉公に出た。
それから、浦賀の医師星泰順と結婚し、星姓を名乗った。
泰順は当初医者稼業だけでは食べていけず、引き続き松子は髪結いなどをして生計を立てた。