芸能人・経営者のおくやみ情報

徳川家達

徳川宗家16代当主、貴族院議長、公爵[日本]

(ワシントン軍縮会議首席全権)

1940年 6月5日 死去享年78歳

徳川家達 - ウィキペディアより引用

德川 家達(徳川 家達、とくがわ いえさと、1863年8月24日 - 1940年6月5日)は、徳川宗家の16代当主。
もとは田安徳川家の7代当主で、静岡藩の初代藩主。
幼名は亀之助といった。
号は静岳。
位階、勲等、爵位は従一位大勲位公爵。
世間からは「十六代様」と呼ばれた。
第4代から第8代までの貴族院議長、ワシントン軍縮会議全権大使、1940年東京オリンピックの組織委員会の委員長、第6代日本赤十字社社長、華族会館館長、学習院評議会議長、日米協会会長などを歴任した。
大正期には組閣の大命も受けた(拝辞)。
生涯 幼少期 江戸城田安屋敷において、田安家の徳川慶頼の三男として誕生した。
慶頼は14代将軍・徳川家茂の将軍後見職であり、幕府の要職にあった。
母は高井武子。
家達は家茂および13代将軍・徳川家定の従弟にあたる。
元治2年(1865年)2月5日、実兄・寿千代の夭逝により田安徳川家を相続する。
慶応2年(1866年)に将軍・家茂が後嗣なく死去した際、家茂の近臣および大奥の天璋院や御年寄・瀧山らは家茂の遺言通り、徳川宗家に血統の近い亀之助の宗家相続を望んだものの、わずか4歳の幼児では国事多難の折りの舵取りが問題という理由で、また静寛院宮、雄藩大名らが反対した結果、一橋家の徳川慶喜が15代将軍に就任した。

文久3年7月11日〜昭和15年6月5日(1863〜1940) 明治元年(1868)退陣した徳川慶喜に代わり6歳で徳川宗家を相続、16代当主となった。 1921年ワシントン軍縮会議では海軍大臣加藤友三郎、駐米大使幣原喜重郎とともに、ワシントン軍縮会議首席全権を勤めた。 (引用元 Hatena Keyword)