芸能人・経営者のおくやみ情報

板井圭介 氏(いたいけいすけ)

相撲力士、小結・板井[日本]

(引退後、八百長に自らが関与していたと告発)

2018年 8月14日 死去享年63歳

板井 圭介(いたい けいすけ、本名は四股名と同じ、1956年3月21日- )は、大分県臼杵市出身で、かつて大鳴戸部屋(現存せず)に所属していた元大相撲力士。
最高位は西小結(1989年5月場所)。
現役時代の体格は178cm、139kg。
得意技は突き、押し、叩き。
来歴・人物 小学生の頃から中学校卒業までは、野球をやっていた(主に右翼手だったという)。
しかし、当時実業団相撲で活躍していた兄・義美を追って、大分県立大分水産高等学校(現・大分県立海洋科学高等学校)に入学してから本格的に相撲を始めた。
同高等学校の相撲部ではそこそこの実績を残し、卒業時には宮城野親方(元横綱・吉葉山)からのスカウトを受けた(日本大学や駒澤大学などからの勧誘もあった)。
しかし「まだプロ入りする自信がない」などの理由でこれを断り、高校卒業後、直ちに黒崎窯業(現・黒崎播磨)に就職。
同社の相撲部では国体青年の部で優勝するなど活躍し、退職後の1978年、大鳴戸部屋(師匠は元関脇・高鐵山)に入門した。

元大相撲力士。元小結・板井。 1956年(昭和31年)3月21日、生まれ。2018年(平成30年)8月14日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「板井圭介」と関連する人物(故人)