芸能人・経営者のおくやみ情報

松下康雄 氏(まつしたやすお)

元 日銀総裁[日本]

2018年 7月20日 死去享年93歳

松下 康雄(まつした やすお、1926年1月1日 -)は、兵庫県神戸市出身の第27代日本銀行総裁。
元大蔵事務次官。
神戸一中、旧制一高を経て、東京大学法学部を卒業後、大蔵省に入省。
大蔵省では、主計・主税・銀行畑を満遍なくこなし、順調に出世の階段を上り詰めて行った。
1982年には大蔵事務次官に就任。
「大物事務次官」の条件とされる、2年間の任期を全うする。
退官後は、日本開発銀行・日本輸出入銀行への天下りという「ロイヤル・ロード」を歩まず、民間の太陽神戸銀行に進み、1987年には同行頭取に就任。
在任中の1990年に三井銀行との合併(さくら銀行誕生)をやってのけ、世間を驚かせた。
その後、三重野康日本銀行総裁の後継者レースの候補として名前が浮上し、大蔵事務次官経験者の吉野良彦・山口光秀・平澤貞昭を制して第27代同行総裁に就任。
この時、斎藤次郎ら大蔵省現役幹部の意中の人は吉野であったが、吉野が総裁就任を固辞した為、松下にお鉢が回ってきたと言われている。
日本銀行総裁としての松下は、バブル経済崩壊後の経済再建という難しい舵取りを迫られた。

第27代日本銀行総裁。 1926年(大正15年)1月1日、生まれ。 兵庫県神戸市出身。 1950年(昭和25年)、大蔵省に務める。 1982年(昭和57年)から2年間、大蔵事務次官を務める。 1986年(昭和61年)、太陽神戸銀行に入る。 1987年(昭和62年)、太陽神戸銀行頭取になる。 1990年(平成2年)、三井銀行との合併をにより、太陽神戸三井銀行の会長となった。 1992年(平成4年)、名称変更によりさくら銀行の会長。 1994年(平成6年)12月、日本銀行総裁になる。 1998年(平成10年)3月、日本銀行職員の接待汚職事件により引責辞任。 2018年(平成30年)7月20日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)