芸能人・経営者のおくやみ情報

浅利慶太 氏(あさりけいた)

演出家[日本]

(劇団四季創設者の一人)

2018年 7月13日 死去享年86歳

浅利慶太 - ウィキペディアより引用

浅利 慶太(あさり けいた、1933年3月16日-)は、日本の演出家、実業家である。
劇団四季創設者の一人で、劇団の運営・管理に当たる四季株式会社の代表取締役社長・会長・芸術総監督をつとめた。
東京都出身。
永田町小学校(現麹町小学校)、慶應義塾高等学校、慶應義塾大学文学部仏文学専攻中退。
特選塾員。
慶應義塾評議員。
来歴・人物 1953年7月、慶應義塾大学、東京大学の学生を中心に劇団四季を結成した。
主に、ジャン・アヌイやジャン・ジロドゥ等フランス文学作品を上演する。
その後東京田辺製薬にて宣伝・広告などのアルバイトをしながら、日本テレビの「ジャングル・ジム」の吹き替えアテレコに劇団として参加した。
また、1958年には、石原慎太郎、江藤淳、谷川俊太郎、寺山修司、永六輔、黛敏郎、福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、60年安保に反対した。
だが、後に思想的には保守化する。
1961年、日生劇場製作営業担当取締役に就任。
1969年、日本ゼネラルアーツを設立。
1966年から1975年まで越路吹雪リサイタル公演を日生劇場において演出した。

演出家、プロデューサー。 1933年(昭和8年)3月16日、生まれ。2018年(平成30年)7月13日、死去。 東京生まれ。 1953年(昭和28年)、慶應義塾大学在学中に、劇団四季を結成。日本を代表する劇団に育て上げた。 2014年(平成26年)6月、劇団四季代表を退任した。 (引用元 Hatena Keyword)