訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エドワード・アップルトン 氏Edward Victor Appleton

物理学者[イギリス]

1965年 4月21日 死去肺がん享年74歳

エドワード・アップルトン - ウィキペディアより引用
エドワード・アップルトン(Sir Edward Victor Appleton、 1892年9月6日 - 1965年4月21日)はイギリスの物理学者である。
無線電波を反射する電離層までの距離をはかる実験に成功した。
1947年のノーベル物理学賞の受賞者である。
生涯 アップルトンは、ウェスト・ヨークシャーのブラッドフォードで生まれた。
ケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジで学んだ。
第1次世界大戦の後、キャベンディッシュ研究所で働いた。
1924年電離層までの距離をはかる実験に成功した。
ロンドン大学、ケンブリッジ大学で教授を務めた。
1901年のマルコーニの大西洋を越えた無線通信の成功は、直進すべき電波が地球に沿って電波が伝わっていくことを示したもので、1902年にはオリヴァー・ヘヴィサイドやアーサー・ケネリーによって大気層上部に電波を反射する層があるという予想が発表された。

↑ PAGE TOP