芸能人・経営者のおくやみ情報

大塚徹 氏(おおつかとおる)

プロ野球選手[日本]

(サヨナラ押し出し四球4回の記録保持者)

2018年 7月13日 死去享年74歳

大塚 徹(おおつか とおる、1945年4月18日 - )は、日本の元プロ野球選手。
サンケイアトムズ・ヤクルトスワローズ、南海ホークスでプレーした。
茨城県土浦市出身。
茨城県立土浦第三高等学校卒業。
息子は元東京ヤクルトスワローズの大塚淳。
来歴・人物 1964年、茨城県立土浦第三高等学校から国鉄スワローズに入団、入団当初は捕手だったが、その後外野手に転向。
ユーティリティープレイヤーとして、代打、守備固めなど、臨機応変に活躍。
1971年には主に左投手対策として、60試合に先発出場を果たす。
当て馬を使い、その後に大塚か左打者の内田順三が入る例が多かった。
1972年、南海ホークスに移籍、その明るい性格を野村克也兼任監督に買われ、出場機会は少なかったが、ヤジ将軍、ムードメーカーとして常時一軍に帯同していた。
フロントから再三整理の対象とされていたが、野村監督がゲームに出ているほどの貢献をしているとしていて、年俸もレギュラークラスはあったといわれる。

60〜70年代のプロ野球選手。 右投右打、ポジションは捕手→外野手。背番号は47→29→30→38番。 1945年4月18日生まれ。茨城県出身。 土浦第三高校から1965年、サンケイスワローズに入団。 1年目より控えの捕手として一軍に定着。 類稀な選球眼を持っており、通算4個のサヨナラ押し出しの日本記録を持つ。 また、気が強いことで有名であり、乱闘にはよく参加していた。 1971年、金銭トレードで南海ホークスに移籍。 野村克也師事の元、外野手に転向。右の代打として活躍した。 1975年、現役引退。 現在は土浦市でスナック「ダッグアウト*1」を経営。 息子は大塚淳。 (引用元 Hatena Keyword)

「大塚徹」と関連する人物(故人)