芸能人・経営者のおくやみ情報

ハンス=マルティン・シュナイト 氏Hanns-Martin Schneidt

指揮者[ドイツ]

2018年 5月28日 死去享年89歳

ハンス=マルティン・シュナイト(Hanns-Martin Schneidt, 1930年12月6日 - )は、ドイツのバイエルン州キッツィンゲン(:en:Kitzingen Kitzingen)生まれの指揮者。

ライプツィヒ・聖トーマス教会合唱団に入団。
ギュンター・ラミンに師事。
その後ミュンヘン音楽大学で指揮 (音楽) 指揮・作曲・オルガン・音楽学を学ぶ。
1955年、ベルリン教会音楽学校長に就任。
ベルリン・バッハ・コレギウム、カイザー・ヴィルヘルム記念教会バッハ合唱団を設立。
1963年、ヴッパータール市立劇場音楽総監督に就任。

1984年、1981年に亡くなったカール・リヒターの後任として、ミュンヘン・バッハ管弦楽団、ミュンヘン・バッハ合唱団の芸術監督に就任、同団の危機を救う。
以来2001年までその任を務める。
その後名誉指揮者に就任。
1995年、国立ドイツ・ユースオーケストラ(DMO)を設立。

Hanns-Martin Schneidt ドイツ出身の指揮者。 1930年12月6日、生まれ。2018年5 月28日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)